電話応対の基礎知識!求められるマナーとスキルは?

電話応対における必要なマナーとスキル

電話対応についての基礎知識を知ろう

社会に出て、事務などで働くことになった場合、多くの人が求められてくる仕事のうちのひとつが『電話応対』です。電話が苦手な人は緊張のあまりもごもごとどもってしまったり、きちんと電話の声が聞き取ることができずにうまく対応ができなくて困ってしまったりなど、嫌な思い出がある人もいるかもしれません。
経験のない人は「電話に出るだけで仕事になるなんて簡単だ」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、電話応対とは電話に対応した社員のスキルやマナーによってその会社の印象が大きく左右されますし、簡潔さや正確さなどの必要なスキルやマナーが多く存在します。これらをきちんと踏まえ、丁寧に対応ができるようになることが大変望ましいです。
しかし、苦手な印象を持つとなかなかそれを克服することは難しいでしょう。会話している相手が目の前にいないことで表情を窺うことができないことへの不安があったり、自分の気持ちや言いたいことをうまく言葉だけで伝えることも非常に困難です。
ですが、電話応対に最も必要とされているのは経験の多さです。緊張してしまいがちな人も、電話に対する苦手意識が高い人も、何度も経験を積んで電話応対に慣れていけば、だんだんと勝手がわかってきますしやがて苦手も克服できると思います。
ここでは、そんな電話応対の基本的な対応の仕方や、臨機応変に対応する仕方、そして電話応対において気をつけなければならない点などについて紹介していきます。

社会人に求められる電話の対応

ビジネスパーソンに欠かすことのできない電話応対ですが、その基礎は簡単なように思えて意外と難しいものです。電話応対を丁寧に、そして的確に行うには、いったいどのように行うのが正しいのでしょうか。ここでは電話応対の基本的な方法について紹介します。

困ったときの動き方

きちんと丁寧に電話応対をしようとしても、例えば理由でうまく聞き取ることができなかったり、適した対応がわからなかったりすることがあるかもしれません。何事にも臨機応変に対応することが大切なのです。ここでは困ったときの対応の仕方について紹介します。

電話対応ではこれらを気をつけよう

お互いの顔を見ることができないため、声だけで伝えることが電話口で会話するには必要になってきます。しかし、意識の範囲外で些細な対応が相手に失礼になっていることがある場合があるかもしれません。ここでは電話応対でやってはいけない失礼なことを紹介します。

Links

すぐに始められる速読術とは

速読術は今からスタートできる!未経験者でも簡単にできる速読のやり方を伝授します。

知っておきたいインターナショナルスクールのデメリット

インターナショナルスクールでは英語でグローバル教育を受けられます。その裏にあるデメリットとは?

オンライン授業の医学部で効率よく学習しよう

パソコン一つでどこでも学習。医学部のオンライン学習で時間と労力を有効活用しよう!